桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
初日の心構え

今日から1週間は『繁昌亭昼席』出番。
まずは、初日。
噺家の師匠、先輩方が眠る【高座招魂社】にお参り。
いい高座を務める事を誓った。

今席は、三ツ目の位置。
前座、二ツ目にも増してより楽しい雰囲気にしなければならない意外と大切なポジション。
爆笑ネタをドンドンかけて行く予定です。
お楽しみに!
ちなみに今日は「あこがれの町家ぐらし」この時期にしかしない転居の噺でした。
明日は、ヤンキーの就職の噺にしようかな?
2019/05/13
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
平成最後の高座

平成最後の高座は【天満天神繁昌亭】での『創作落語の会』
自分の好きな高座で好きな創作落語を平成の最後の最後に演れるのは本当に嬉しい。
【天満天神繁昌亭】に【神戸新開地喜楽館】という2つのホームグラウンドが出来るなんて、平成の初めに誰が予想出来ただろうか?
平成は、私にとって落語家として売れはしなかったものの充実感のある時代だった。

ありがたい事に寄席の前には看板も上げてもらえるようになった。
そして、師匠の前で今日は中トリを取らせていただいた。

令和は、益々芸に磨きをかけて落語界で存在感を出せるように頑張ります。
次の時代もよろしくお願い申し上げます。
皆様、こんな言い方おかしいかもしれませんが、よい令和をお迎え下さい。
2019/04/30
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
連休スタート
10連休がスタート。
世間の皆様は、毎日どう過ごされるのだろう?
旅先でグルメに舌鼓をうってる方も多いでしょうが…

とりあえず今夜は、自家製のたこ焼きで晩ごはん。
連休中のご予定が決まってない方は…

『第12回チェリー亭〜平成最後の桂三風スペシャル〜』
【日時】
4月29日(祝)
《1部》開演14:00 (カフェ営業13:00〜)
【出演】
桂三風 「さん風のたより 平成前期編」
itaru 「津軽三味線」
桂三風「動物園」(客席参加型)
〜中入り〜
桂三風「あこがれの町家ぐらし」
《2部》開演16:00(カフェ営業15:30〜)
【出演】
桂三風 「さん風のたより 平成後期編」
itaru 「津軽三味線」
桂三風「アバタラ人がやって来た」
〜中入り〜
桂三風「ああ定年」(客席参加型)
【料金】
各1500円・小学生以下1000円
通してご参加いただいたお客様に桂三風の千社札をプレゼント
予約優先
【場所】
Caféチェリー(京都錦林車庫東へ徒歩4分哲学の道沿い)
【お問い合わせ】
Caféチェリー  090-1022-8733
落語ファクトリー0120-874-315
いかがですか?
ちょっと遠出したい方はこちら

【道の駅かわはら】での入場無料のイベントです。
是非、お越し下さいませ。
2019/04/27
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
記者会見

上方落語協会の昭和59年入門組は現在10人。
所属事務所や一門もバラバラなのでなかなか一同に会する事がない。
5年前【繁昌亭昼席】で『30周年記念ウイーク』を開催したが、今回、芸歴35年の落語家が【喜楽館昼席】に日替わりで出演する
『芸歴35周年記念ウイーク』の記者会見を【喜楽館】で開いた。
神戸まで足を運んでいただいた記者の方々に感謝です。
iPhoneImage.png
今回も、前日に翌日のトリネタを発表したりメンバー全員でお迎えと送り出しをしたり…もちろん記念グッズの販売もいたします。
6月は【繁昌亭】がリニューアルのため1ヶ月休館です。
この機会に、是非【神戸新開地喜楽館】へ。

2019/04/25

| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
ドサ
芸人などが地方を巡業することを概ねドサ回りとかドサという。
ある場所でドサと言われた落語家が激昂している姿を見た。
言った方も言われた方も私より華々しい所で独演会を開催している。

もちろん地方を回る事もあるだろうが…ドサを蔑んでいるように思った。
どちらかと言うと地方でのお仕事が多い私にとって、都会の華々しい会場で独演会を開催できる落語家は羨ましいとは思うが、地方公演も大切なお仕事だと思っている。
落語に慣れていないお客様をあの手、この手で楽しませるのは難しい事だ。
どうしてもクサイ芸になるかもしれないが、落語の楽しさを感じてもらい落語を広める、それも落語家の生き様として間違ってはいない。
華々しい会場に出た時に綺麗な落語が出来ればいい。
ドサと言うとなんか下品な言い方だが、地方公演は、勉強になるしネタになる。
落語家の芸の肥やしになる。
クサイのは仕方ない?
2019/04/24
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
役立たず
パソコンがまったく動かなくなってしまった。
以前から住所録にデータが入らず、ここ何ヶ月もアンケートの住所録の更新ができてなかったが、とうとうメールまで打てなくなった。
恥を忍んで京都のマックに行ってみた。

自分の息子や娘のような若い方に懇切丁寧に教えていただいた。
結局、データの容量がパンパンだったので外付けハードディスクを買った。

マックもかなり古いようだ。
サポート期間も過ぎているらしい。
何より…私自身が古い。
大津商業高校情報処理科卒。
当時は、社会の最先端の事を学んでいたはずだが、当時習ったコンピュータ言語のFORTRANやCOBOLは今や古典的な言語。
今では何の役にも立たない。

サイバーセキュリティ担当大臣でありながらパソコン触った事ない桜田大臣みたいなもの。
オレの吊った棚にモノ載せな!と言うてる落語「宿替え」のおやっさんと一緒です。
落語家として役立たずにならないようリニューアルしたパソコンでネタ作りに精進いたします。
2019/04/23
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
脱オッサン

毎年、宝塚歌劇のファンでいらっしゃるご贔屓さんのお誘いで宝塚歌劇を観劇しに行かせてもらっている。
今回は「オーシャンズ11」宙組公演。
平日の昼間と言うのに立ち見も出る大入り満員。

席は、6列目の真ん中あたり。
演者の目線や細かな動きが見えて、息づかいまで聞こえて来そうな最高のお席。
今回は、ダニー・オーシャン役の真風涼帆さんの動きと目線に圧倒された。

何とカッコいい出で立ち。
ニヒルな目線。
帰りの電車から私は変わった。
階段は駆け上がり、颯爽と歩いて乗車位置でピタッと止まる。
駅からの自転車は終始立ちこぎ。
電動自転車を一台抜いてやった。
近年、どうもオッサン臭くなっていたように思う。
コレからは、キレのある動きと目線を作って行くぞ。
落語「昭和任侠伝」の健さんに感化される主人公の気持ちがよくわかりました。
2019/04/22
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
オレの番

家族で乗っている車。
ガソリンが無くなれば乗った人が給油し、車の掃除も気のついた人が掃除している。
今日、私が乗っている時にエンストを起こした。
バッテリーが上がってしまってJAFを呼んだら…会員や無かったら高いなぁ。
13,000円かかった上に次回からロードサービスがあると言う事でJAFに入会。
18,000円ほど支払った。
家になんとか帰ったものの、またまたエンスト。
バッテリーを交換して、おまけにエンジンオイルもヤバイと言われて交換。
27,000円かかり、しめて今日一日で50,000円也。
家族に言うと「アンタが乗ってる時になったんやからアンタが悪い!」やて。
トイレットペーパーを交換するのもシャンプーを補充するのも、なぜか私の時に無くなっている。
私は、いつもそんな番です。
2019/04/17
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
前乗り取材

長浜での公演の後、翌日の『旭座上方落語会』の前乗りで小浜市へ。
夜6時を回ったところなのに商店街は人影まばら。
せっかく前日に来てるのだから土地の人と触れ合ってマクラになるような地元ネタを探そうと居酒屋へ。
どこもえらい満員で1人では入りにくい。
スナックなんかがいいと思ってそれらしい店の前に来ると中から盛り上がった手拍子と歌声が聞こえて来る。
こちらも入りにくい。
そこで、マッサージ店へ。
マッサージなら45分とか60分間、ゆっくり話ができるからだ。
いいなっと思って入ったあるお店。
中から「イラッチャイマセ!」外国の方が出て来られた。
日本語がお上手で、中国の話をたくさん聞きました。
2019/03/10
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
月始め

寒い間、ちょっとさぼりがちだった朝のウォーキング。
ただ、どんなに寒くても、雨が降ってても必ず朔日には近所の氏神様にお参りに行って1ヶ月分のお賽銭を入れて来る。
というのも…ウォーキングをしたら必ず立ち寄るのに普段は賽銭箱が出てないからだ。

大阪の事務所を撤退し、仕事場も京都に移したので、月始めの氏神様のお参りは、これからもキチッと続けようと思っています。
2019/3/01
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.