桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
名古屋で上方落語を

今日は、上方落語協会の主要公演委員会。
上方落語協会主催の『島之内寄席』や『七福寄席』など、協会が関わる主要な落語会の座組を主に担当している。(繁昌亭や喜楽館の番組は含まない)
今日、主な議題に上がったのは、来たる11月8.9.10日と名古屋の【大須演芸場】で開催する『上方落語まつり』(2月は8.9日)をどう運営していくのか?

名古屋のお客様に上方落語をもっと発信しようと言う狙いだが…チケットの売れ行きが芳しくない。
今後、ハード、ソフト両面で再考が必要だ。
とりあえず11月の公演は、もうすぐ。
名古屋のお客様。
東海地区出身の噺家もたくさん集めてます。
是非一度、足を運んでみて下さい。
2019/10/23
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
落語葬

坊さんのやる葬式はいやだ。
死は泣くことではない。
笑って消える。
そんな遺言通り行われた落語葬。
お坊さんの姿はない。
親族の挨拶の後、いきなり始まる落語会。
祭壇を背にして、落語をこよなく愛していた故人の棺を前に。
横には、華やかにペイントされた棺桶の蓋が。
「地獄八景」で故人のあの世を楽しむ姿を描いた。
閻魔の庁では、先代閻魔の一千回忌の為、変わった葬儀で送られて来た者を極楽へ通すという。
まさに、今この時の模様を閻魔様に語る。
「おもしろい!良い葬式をしてきたのぉ」と言って極楽へ通してもらう。
我ながら、いい脚本になったと思う。

奇想天外のお葬式だが、絶えず笑いがあり、故人はさぞ喜んでらっしゃっただろう。
これには、親族の堅い絆を感じる。
「ふざけてる!」と、誰か反対すれば成り立たない。
いかに故人が親族に愛されていたかもよくわかる。
親族が“笑“の文字を入れた寄書きの棺桶は見事だった。
自分の人生の幕引きをキチッとなさった故人も素晴らしい。
いい経験をさせていただきました。
合掌
2019/10/19
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
目が硬い

京都へ修学旅行に来た三重県の小学生の宿泊先で落語をした。
夜8時半からの公演。
ちょっと遅いんちゃうかな?
眠たなるんちゃう?
そんな本番前の不安は、全くなくなった。
終始元気いっぱい。
よく笑ったなぁ…
楽しい夜になったんちゃうかな?
公演の後、写真撮影して…
全て終わったのは10時前。
それにしても
最近の小学生は、目が硬い。
2019/10/17
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
青春の西武大津

【西武大津】が閉店する。
学生時代、3階紳士服売り場でアルバイトしていた。
ちょうどバブルの頃で、1日に100万円以上売り上げた事もあった。
おかげで時給も、当時としては異例の600円くらいもらってたかな?
バイトの休憩時間に、よくダンキンドーナツ行ったなぁ。
いわゆるドーナツ店のはしりやった。
各階にテラスがあり階段状の建物は、デパートとしては斬新だった。
6階から7階の大きな吹き抜けも心地良かった。
駐車場へ上がる3階くらいまでの長い坂道は、満車の時が多く、坂の途中でようまたされて、免許取立ての初心者にとって、坂道発進のお稽古場所だった。
今のオートマなら何の事ないけど。
デートスポットでもあった。
同窓会や飲み会でもよく行っていた。
まさに、青春時代の思い出の場所がなくなるのは寂しいです。
2019/10/11
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
茶話会風記者会見

カフェでネタをくってるのではありません。
『桂三風35周年独演会』の記者会見を、京都清水寺にある湯どうふ順正さんの【夢二カフェ五龍閣】で茶話会風に開いた。
ノーベル科学賞の吉野さんの話題で新聞社も大忙し。
会見に出席して下さったのは、スポーツ報知とスポニチだけ。
それでも、写真に写ってない反対側には、記者の方が真剣に聞いてメモして下さっていた。
有り難い事です。
いつ載るのか?
どのような記事での載るのか?
全くわかりませんが、しばらくスポーツ報知とスポニチは、毎朝買います。
2019/10/10
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
わかりにくい消費税

10%の消費税が導入されて1週間。
得したと思うのは師匠の喜寿のお祝いに送る座布団。
師匠にお渡しするのは、今月中旬なのだが、出来上がってきた9月の時点で支払ったので4,000円ほど節税が出来た。
損をしたのは、落語会の案内状が入ったDM。
うっかりしてて、10月に入ってから送ったら…1,800円ほど高くついた。
それにしてもわかりにくのは軽減税率。
スーパーで買う品物は、ほとんど8%だと思ってたのに… 今日、レシートに唯一10%で打ち込まれている商品があった。
トイレットペーパー。
コレも生活必需品やと思うけどなぁ…
2019/10/07
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
バトンタッチ

今日は『第29回 彦八まつり』の打ち上げ。
今回の彦八まつり実行委員長の桂文福師匠御用達の上本町【こけこっこ】さんで賑やかに行われた。
次回の彦八まつり実行委員長の桂福團治師匠もお見えになって、来年の『彦八まつり』第30回記念に向けての意気込みもお話して下さった。
80歳になられる師匠だが、お元気そのもの。
私たち、実行委員も目一杯委員長をサポートして参ります。
来年は「過去30回の中でも心に残ってる企画を、出来るだけたくさん再演したいなぁ…」なんて思いました。
来年も楽しみです。
2019/10/02
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
とりあえず烏龍茶

10月に入った。
『桂三風35周年独演会』まで25日を切った。

庭のキンモクセイがほのかに香る。
日中は暑いが、随分過ごしやすくなった。
ネタを仕上げて行こう。
今日から禁酒。
『できらく!』の打ち上げも、烏龍茶で済ませました。
2019/10/01
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
岡山から

岡山に【吉本3丁目劇場】が出来たのが19年前。
当時、土日に公演があり、週末入れ替わりで大阪から吉本の芸人が泊りがけで岡山に行っていた。
劇場の出演料はいただけるが振込。
宿泊は用意されていたが、食事代は出ず。
お金に余裕がある芸人は、岡山の夜の街に足を運んだが、概ねの芸人はホテルでコンビニ弁当かカップラーメンをすすっていた。
そんな時「岡山で吉本芸人にご飯を食べさせてくれるお店がある」と芸人の中で話題になってお世話になったのが居酒屋の【もっこす】さん。
写真左の岩崎さんは、20年近いお付き合い。
『桂三風20周年全国ツアー』岡山公演の時には【吉本3丁目劇場】を満席になるほど集客していただいた事も。
右の小河ちゃんは、当時からのお店の常連さんで、私の岡山の飲みトモ。

お二人とも10月25日の【よしもと祇園花月】で開催する『桂三風35周年独演会』に、岡山から来て下さる。
昨夜は、新見市のお仕事の後、途中下車してご挨拶に伺いました。
お二人ともお元気そうで何より。
落語家やってたからこそ広がったご縁。
有り難い事です。
2019/09/30
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
笑いヨガと笑い文字

岡山県新見市の旧哲西町赤谷。
ここのわずか11軒の集落が、生の落語を聞きたいと、私を呼んで下さった。
同時に笑いヨガの先生方もお迎えして『笑って健康!元気モリモリ事業』として周りの地域の方にも声をかけて70人ほどが参加して盛り上がった。

私の前に行われた“笑いヨガ”は、かつて中之島公園で朝から無理矢理笑って盛り上がる集団がいて、怪しいと思っていたソレだった。
変な宗教団体かと思って敬遠してたが…
笑顔を作っているうちに本当に楽しくなって行くヨガは、私の落語の時にかなり効果が出ていて、私の落語までよくウケた。(作り笑いかな?)


講師の先生方、楽屋で“笑い文字”も書いて下さった。
コレいいなぁ…ついつい笑顔になる。
2019/09/29
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<new | top | old>
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.