桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
落語葬

坊さんのやる葬式はいやだ。
死は泣くことではない。
笑って消える。
そんな遺言通り行われた落語葬。
お坊さんの姿はない。
親族の挨拶の後、いきなり始まる落語会。
祭壇を背にして、落語をこよなく愛していた故人の棺を前に。
横には、華やかにペイントされた棺桶の蓋が。
「地獄八景」で故人のあの世を楽しむ姿を描いた。
閻魔の庁では、先代閻魔の一千回忌の為、変わった葬儀で送られて来た者を極楽へ通すという。
まさに、今この時の模様を閻魔様に語る。
「おもしろい!良い葬式をしてきたのぉ」と言って極楽へ通してもらう。
我ながら、いい脚本になったと思う。

奇想天外のお葬式だが、絶えず笑いがあり、故人はさぞ喜んでらっしゃっただろう。
これには、親族の堅い絆を感じる。
「ふざけてる!」と、誰か反対すれば成り立たない。
いかに故人が親族に愛されていたかもよくわかる。
親族が“笑“の文字を入れた寄書きの棺桶は見事だった。
自分の人生の幕引きをキチッとなさった故人も素晴らしい。
いい経験をさせていただきました。
合掌
2019/10/19
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 目が硬い | メインページ | 名古屋で上方落語を >>









url: http://sunpoo.jugem.jp/trackback/1635581
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.