桂三風公式サイト さん風のたより
プロフィール 落語・イベント出演情報 客席参加型落語 お問い合せ
カテゴリー
リンク
記事検索
 
松鶴愛

『松鶴生誕百年祭』8日の夜席に行ってきた。
一門の皆様が勢ぞろい。
発起人の鶴笑さんに挨拶したらパンフと手ぬぐいをいただいた。

好きなとこで見てと言ってくれたけど…
楽屋はもちろん舞台袖にいるのも気を使うし、客席は大入り満員。
そこで気兼ねなくロビーのモニターで見せていただいた。

演者も師匠の話をする時ホントに楽しそうに語る。
とくに鶴笑さんの松鶴師匠のパペットが落語するのは楽しかった。
ー米朝のアンドロイドは8000万円したそうやが、ワシはユザワヤでキレ買うて来て後ろのアホ(鶴笑)がこさえて3500円。
と黒子の鶴笑さんが操ると場内大爆笑!
ー米朝のアンドロイドは「たけのこ」と「看板の一」しかできへんけどワシはなんぼでもできる。まあ後ろのアホが覚えたらやけどな。
コレまた大笑いしてしまう。
松鶴愛に満ちあふれた会だった。
亡くなられて30年以上もなるのにこんなに弟子に慕われ、お客様に愛されてなんて素晴らしい師匠だろう。
“芸は人なり”
こんないつまでも愛される芸人になりたいと思います。
2018/09/08
| 桂三風 | さん風のたより | comments(0) | trackbacks(0) |
<< 自然の前に人間は無力 | メインページ | 最初が勝負 >>









url: http://sunpoo.jugem.jp/trackback/1635468
 
Copyright (C) 2007 Sanpu Katsura All Rights Reserved.